読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バラモスゾンビは三度死ぬ

大魔王ゾーマの魔力で再び蘇った

×仕事が早い ○パソコン操作が速い

「仕事が早い」は福屋工務店。ですが、皆さんはどうですか?

人に仕事を引き継いだり、人に仕事を引き継がれたりするシーズンが来た。パソコンの画面を見ながら引き継ぎを行うこともある。その中で色々感じることがある。

 

40代のおじさん、パソコン操作遅すぎ問題

手前味噌ながら、上司や先輩から「お前は仕事が早いな」と言われることがある。右も左もわからぬ入社一年目から、業務量に圧殺される二年目を経て、三年目になりようやく(些細ながらも)プラスの評価をしてもらえるようになってきた。素直に「嬉しい」という気持ちがあったのだが、四年目となった今、「仕事が早い」という評価が甚だ怪しく思えてきた。

 

引き継ぎなどで上司や先輩がパソコン操作をし、こちらが説明をするという段になってその疑いは確定的となった。40代以降のおじさん方、パソコンの操作があまりに遅いのである。

操作のスピードだけではなく、フォルダやファイルの概念をよくわかっていないおじさんが居たりして、社内の共有ドライブは餓鬼畜生魑魅魍魎の跳梁跋扈する地獄そのものの様相を呈している。書類・資料を作ることにも探すことにも時間がかかりすぎているのである。

 

賞賛というものは自分と同等かそれ以上の人から与えられるからこそ価値を持つもので、自分より劣る人から賞賛されて喜んでいるようではまだまだ駄目である。ニーチェがそんなことを言っていたような気がする。「仕事が早い」ではなく、単純に「パソコン操作が速い」だけ。そう読み替えねば自分がダメになってしまう。そう感じた次第である。

 

上司からの高評価。それはなんと、課題解決能力などの知的能力についてではなく、眼や手を動かすスピードなどの身体的能力についての評価だった!

 

この地獄には今日も「エクセルが壊れた!」の叫びがこだまする。